早めの治療で改善

赤と白のサプリ

近年の健康意識の高まりから、多くの人が何らかの「サプリメント」を取り入れています。
サプリメントを代表とする「健康補助食品」は、広範囲のものを示しています。
そもそもは「食事の栄養を補うもの」であり、規則正しい食生活の上で摂取するものです。
しかし、「これさえ摂取していれば、健康でいられる」などと、誤った認識を持っている方もいます。
また、医薬品のように「病気が完治できる」という過剰な期待を持っている方もいます。
サプリメント等は「健康補助食品」であり、健康に良いとされるもであって「薬」ではありません。
しかし、国内で「サプリメント」として販売されているものの中には、海外で「医薬品」として扱われているものもあります。
このように、様々な種類が存在する中で、消費者への正しい使用を促進する必要性が生じました。
その解決策として2001年4月から、「保健機能食品制度」が始まっています。
これは、国が安全性を認めたものについて機能を表示できる、という制度です。

この、サプリメントを代表する「健康補助食品」は、3つに分類することが出来ます。まず「特定保健用食品(トクホ)」です。
これは、私たちの身体機能に何らかの影響を与える「有効成分」を含有する食品です。代表的なものには、コレステロールや血圧を下げるものがあります。
次に「条件付き特定保健食品」です。これは「トクホ」までの有効性を科学的に証明できないものの、一定の効果が確認できる食品に認められるものです。
最後は、「栄養機能食品」です。不足しがちな栄養素を補給するための食品に表示されています。
12種類程のビタミンがこの対象になっています。現在では、多くのサプリメントを手に入れることができ、過大な効果を唄ったものもあります。
これらは、適切に利用することで様々な病気に効果が期待できるものです。正しい情報に基づいて、摂取することが望ましいのです。