副作用がない

悩むシニア男性

最新の医療でももってもしても認知症を治療することはまだできません。
しかしその予防という観点からは、実は既にいくつかの有効と思われる成分が見つかっており、研究や臨床が勧められています。
その成分がドコサヘキサエン酸、通称DHAとエイコサペンタエン酸、通称EPAです。
どちらも不飽和脂肪酸で、これらを含んだ認知症予防に効果が期待できるサプリメントが複数販売されています。
これらのサプリメントは運動などで健康を維持しつつ、1日に適量を摂取することで、認知症の予防に繋がると期待されています。
サプリメントに含まれているDHAやEPAは不飽和脂肪酸であり、常温では固まりにくい性質があるため、細胞と結びつくことで活動を活発化させます。
このため神経細胞に結びつくことで、神経伝達物質の生産が加速し、認知症の予防に繋がると期待されています。

今現在の認知症予防のサプリメントでのトレンドは、不飽和脂肪酸であるDHAとEPAを含んだ製品です。
どちらも脳の栄養素と呼ばれる大事な成分でありながら、人体では生産できな成分のため食物などから摂取する必要があります。
DHAやEPAは神経伝達物質の分泌を促進するとして、その効果が期待されている成分のため、配合されている製品が多くなっています。
また同じくトレンドの1つとして大きく注目を集めているのが、イチョウの葉エキスです。
イチョウの葉は脳の血行促進効果があり、既にヨーロッパでは各国で医薬品として使用されています。
日本ではまだあまり広まってはおらず、現在は認知症予防向けのサプリメントなどを購入することで摂取ができます。